ZAKKOLOG(ざっころぐ)

10月1日は日本酒の日ですって。

10月1日は「日本酒の日」です。

と、佐野さん

酒という字は、「酉」(とり)に由来します。十二支の10番目は「酉」であり、また「酉」の文字は、酒壺の形をあらわす象形文字で、酒を意味します。

1965年(昭和40年)以前の「酒造年度(*1)」は「10月1日から」と定められていたこともあり、蔵元ではこの日を「酒造元旦」として祝っていました。1978年(昭和53年)以来、業界(日本酒造組合中央会)では、10月1日を「日本酒の日」に制定しました。

10月は、収穫された新米を使って新酒が醸造される時期です。また寒造りした酒は、半年以上貯蔵・熟成させ、「冷やおろし(*2)」としてこのころから出荷されます。

*1:酒造年度

7月1日から翌年6月30日までの1年間を酒造年度(BY)といいます。
生産の見込み申告のために、清酒、しょうちゅう乙類、みりん、果実酒の業界がこの期間を使用しています。それに伴い、各メーカーでは、生産計画や醸造の年度の区切りとしています。
原料米の割り当てを計画する都合上、昭和40酒造年度からこの期間になりました。

そもそも明治29年の「酒造税法」(現在の酒税法)では「毎年10月1日から翌年9月30日」と定められていました。「酒税収入の基本となる酒類の製造数量を把握する」のが目的でした。清酒醸造の多くは、10月頃から始まるため、暦年や会計年度を基準にすると、製造期間の中途で年度が変わることになり税務検査上で不便であること、また原料の米は秋に収穫され、その数量を基礎として製造計画をたてるのに便宜がよいことなどがその理由でした。

*2:冷やおろし

「ひやおろし」とは、冬季に醸造した酒をしぼり、火入れ(加熱処理)をした後、春夏を越して半年のあいだ貯蔵し、爽秋(9月~10月)の頃に出荷する酒のことです。しぼりたての時には荒々しかった味わいが、熟成により丸みを帯びてほどよく調和して飲みごろとなります。旨味のある純米酒の円熟した秋季ならではの味わいをお楽しみいただけます。

 

ムムム分かりやすい。

月桂冠さんから抜粋しました。

 

手抜きです。

来年はみんなに振る舞い酒だ!!!

りょ。


カテゴリー: 日本酒・ワイン・その他酒類全般 | コメントをどうぞ

あ、9月ももう終わる。

お~っと9月も終りです。

2011年も残すところあと3ヶ月となるのです。

あっという間ですね。

徐々に寒さを肌身に感じてきています。

そこで、面白い機材を導入しました。

その名も「電気式 卓上燗どうこ TKD-2型 (蓋付錫チロリ2個付き)」

通称 「かんすけ」クンです。

錫製のチロリで約90秒。

あっという間にお燗の出来上がり。

今までは、お湯を沸かして徳利を湯煎にかけ、

温度計で温度を測りながら、

ぬる燗、良燗、熱燗と時間を計っていたのですが、

この「かんすけ」クンは優れモノ。

熱伝導もよく、冷めにくいという錫の特性を十二分に発揮。

しかも良いのか、悪いのか、お酒がまろやかになる性質を持ちます。

今宵も一献。

麓井 純米本辛 圓(まどか)。

口当たりはけっこうドライ。シャープでかつ奥行きがある甘さをもち、ぬる燗にしていただくと、グッと旨味が広がります。

羽全白梅 純米吟醸「ちろり」無炭素 生詰め。

柔らかくマイルドな印象。

落ち着いた酸味やお米の蒸した感じ、

とにかく癒し系で優しい味わい。

双方とも燗酒にはもってこいのお酒です。

りょ。

カテゴリー: 日本酒・ワイン・その他酒類全般 | コメントをどうぞ

「秋あがり」・「ひやおろし」 入荷です。

今年も「秋あがり・ひやおろし」のシーズンが到来です。

バンバン入荷します。

右:「和田来」 極寒造り 純米大吟醸 ひやおろし

「お~~香る!!!」が第一印象。味わい、香り、喉越しの余韻共にインパクトがあり優れモノ。

中:「みちのく 六歌仙」 蔵の隠し酒 ひやおろし

始め控えめな香りながらも、温度の変化と共にシャープな吟香とアルコールの香り、スッキリとキレのよい味わい。

左:「俵雪」 出羽の里 純米吟醸 秋あがり

ふくよかで、お米の蒸した香り、甘さと香ばしさがあり、厚みのあるお酒。ぬる燗でも・・・。

あぁ~溺れたい。

 

 

 

 

 

ハタハタも入荷しています。

子供(卵)へ栄養のいく前の、今時期が一番美味しいと思います。

湯上げ、素焼き、田楽等、いろいろな食べ方で楽しんでください。

りょ。


カテゴリー: 日本酒・ワイン・その他酒類全般 | コメントをどうぞ

シルバーウィ~ク!!!

GWがつい先日のように思えるのは私だけでしょうか?

SWのお店の休業日をお知らせいたします。

20日(火)26日(月)お休みいただきます。

りょ。

 

カテゴリー: ざっこ日記 | コメントをどうぞ

自然のチカラ。

台風が猛威をふるい、甚大な被害をもたらしています。

自然の強大な力の凄さに人間は太刀打ちできないことを、

改めて思い知らされます。

「家は大丈夫だけど、農作物に被害が出てるよ。」とか、

「1階は丸つぶれだけど、一応生きてるよ。」と声を聞きました。

台風の被害に遭われた方にお見舞いと、

災害で亡くなられた方に、心よりご冥福を申し上げます。

さて、台風の影響もあり、魚も少なく、

物流の遅れなどで、必要なものの入荷も遅れています。

困ったけれど、元気に営業しています。

東日本大震災のときもそうでしたが、

被災地に何とか元気を送れればと考えています。

 

りょ。

 

 

 

 

カテゴリー: その他 | 2件のコメント

32 / 33« 先頭...1020...2930313233