庄内浜天然とらふぐキャンペーン開催中?

毎年この時期になると食べたくなる食材のひとつ「ふぐ」。

当店でもこの時期、「ふぐコース」のご予約をいただきます。

この「ふぐ」を扱うには県条例で定められた資格を要しないと、

処理・調理できない要項が定められています。

様々な種類の「ふぐ」が庄内浜でも水揚げされています。

ゴマふぐ、サバふぐ、アカメふぐ、ショウサイふぐ 等々。

そして近年庄内浜で揚がるのが「とらふぐ」です。

しかも「天然とらふぐ」は河豚の中でも高価で別格。

てっさ、てっちり、煮凍り、唐揚げ、焼き物等々…
なかには〆の雑炊だけ食べればよい!と言うお客様もいます。

白子が入っていたら最高です!!!

ひれ酒もねっ♪

さて、その「とらふぐ」。

この度、山形県の水産振興の一環としてキャンペーンを行い、

庄内浜で揚がる「天然とらふぐ」の普及と消費の拡大を図ろうとしているものです。

できることなら「ふぐを食べる文化」を創りたいと…。

先日、行政と漁師さんと料理人が集まり研鑽会が行われたのですが、

方向性が定まらぬまま、不安が残るカタチでの発進だなと思っていました。

キャンペーンに名を連ねるからには、

しっかりとしたふぐ料理を出そうと考えていますし、

今までもそうしてきたように、安全に安心して河豚が食せるように、

提供できる技術を磨かなければなりませんね。

まぁ、スタートしてしまったのですから…。

確かに反響はあります。

「河豚は食べられますか?」「河豚コースはいくらからですか?」

 

難しいのは安定需要と安定供給。

食べたい人がいなければ話にならないし、

食べたくても獲れなくては、お客様にお出しできない。

「庄内のとらふぐ」と言ってよその「みがきふぐ」を出すくらいなら、

いっそキャンペーンなんぞヤメたほうがよいと思うのはエゴですかね?

りょ。

カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>